リサイクルトナーとは何かの分かりやすい解説

プリンターで紙に印刷することは、ビジネスでは毎日のように発生します。しかも一人一人がそれぞれに必要なものを印刷していくので、事業所や企業全体で見るとかなりの枚数を印刷することになります。もちろん業務に必要なことですのでなかなかそれをやめさせるわけにはいきませんが、そうなると馬鹿にならないのはランニングコスト、つまり、紙代とトナー代です。日々掛かってくるものなので積み重なれば相当な金額になってしまうこの費用ですが、最近、リサイクルトナーを使ってコスト削減をする企業が増えてきました。では、このリサイクルトナーとはどんなものなのでしょうか。そして、メリットにはどういったものがあり、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。今回は、リサイクルトナーの概要とメリット、デメリットについて解説します。

リサイクルトナーとはどんなものか

リサイクルトナーとは、その名前の通り、リサイクル、つまり再利用をしたトナーということになります。もう少し詳しく説明すると、トナーには実際に印刷する際に使用するトナーそのものと、その容器があります。通常ならばトナーはこの容器ごと買うのですが、使い終わり空になったトナー容器を回収し、トナーを詰めて販売しているもの、それがリサイクルトナーです。通常のトナーは基本的にはプリンタを製造、販売しているメーカーが販売していますが、リサイクルトナーの場合はトナー容器を回収し詰めるということを行えば良いので、プリンタメーカーだけでなく、全国の様々な企業がさまざまなメーカー、機種のリサイクルトナーを販売しています。では、このリサイクルトナー、どんなメリットがあり、またデメリットはないのでしょうか。

リサイクルトナーのメリットとデメリット

まずリサイクルトナーの最大のメリットは、なんと言っても価格面です。純正品のトナーと違い価格面では相当安くなっている場合が多く、コスト削減が見込めます。これはなぜかというと、純正品のトナーにはプリンタ本体を格安で販売したメーカーがトナーで利益を見込もうとして価格に上乗せするため、そして、リサイクルトナーには純正品の部材を使用するため、研究開発費、製造費などが抑えられるからです。しかし、デメリットがないわけではありません。リサイクルトナーは様々な企業が製造しているため、品質にはばらつきがあります。信頼できる企業のものを使わないと、それなりの割合で不良品があったりしてしまいます。不良品を使うとプリンタ本体の故障にも繋がる可能性がありますので、リサイクルトナーを使う場合には、しっかりと保証がついている信頼できる業者のものを使った方が良いと言えるでしょう。

当社におきましては、各メーカーのリサイクルトナーやインクなどを各方面への多くの販売実績がございます。 通常リサイクルトナーは即納対応となっております。 経費削減と環境保護への貢献を実現したい企業様をカートリッジのリサイクルでサポート致します。 商品のご注文はインターネットより承っております。 使用済みのトナーカートリッジをリユースすることで、環境保護に貢献します。 リサイクルトナーのご購入はこちら